スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
好き嫌い。
みなさんは好き嫌い、ありますか?
ここでいう好き嫌いって言うのは、食べ物の好き嫌い。
僕はたくさんあります。


好きなものも、嫌いなものも。


僕はあんみつと緑茶が好き。
フルーツパフェが好き。
たこ焼きが好き。
鮎のてんぷらが好き。
やわらかい牛肉が好き。
美味しいラーメンが好き。


僕はセロリが嫌い。
火を通してないピーマンも臭いが苦手。
春菊も苦手。
キャビアが嫌い。
キャロットスティックが嫌い。
青黴のチーズが嫌い。


まだまだ好きなもの、嫌いなものたくさんあります。
でも、偏食ってわけじゃないです。
ちゃんと野菜だって食べるし、年がら年中お菓子や肉ばかりたべてるわけじゃありませんよ。


別に、好き嫌いあってもいいと思うんだけど。
小学校のときとかさ、「好き嫌いはいけません」って習わなかった?
あれ、変だよね。
なんで好き嫌いがいけないことなんだろう。
それは個人の趣味、趣向じゃん。
それを否定しちゃうのかな。
その理由がさ、また陳腐なの。
「好き嫌いすると大きく育てない」とか「飢えで苦しむ人たちを思えば食べられるはず」とか。
とにかく「好き嫌いはいけないこと」って言う人もいたなぁ。
僕は嫌いなものは最初からもらわないし、頼まないし、買わないの。
食べられないもんね。


たとえば、豚肉が好きで毎日豚肉しか食べないって人がいたら、それは問題だよね。
必須ビタミンが摂取できないもん。
でもさ、たくさんある食品の中で、それこそ一品、二品食べれなくたって、他のもので充分栄養が補えるじゃない。
キウイが食べられなくたって、イチゴ食べられれば充分でしょって話。
むしろ、全ての食品が食べられなければいけないって考え方がどうかしてるよ。


飢えで苦しむ人たちをって、それはもう問題のすり替えだよね。
僕が好き嫌いなくす事と、飢えで苦しむ人がいるのは、まったく別の問題じゃない。
僕の好き嫌いの性で飢えで苦しむ人がいるわけでもないし、僕が好き嫌いなくせば飢えで苦しむ人がいなくなるわけでもない。
そりゃ、食べるものも満足に食べられない人はかわいそうだけどさ。
それ、違う話じゃん。
それはまた別に解決していかなきゃ、いけない話。
生意気言うようだけど、かわいそうだって思う感情は大事だよ。
けどさ、感情論だけで話されても困る。
このタイプの人が一番苦手だった。
感情絡むと人間って難しいよね。


で、「好き嫌いはいけないこと」って固定観念。
これはもう、捉え方が間違ってるよね。
なんでいけないことなんだろう。
それはその人の過ごしてきた環境によって構築されるものじゃん。
そんな事言ってる人だって、例えばスウェーデンにでもいって、シュールストロミングでも前にしてみなよ。
「好き嫌いはいけない」なんて口にだせなくなるから。
結局さ、なにが美味しくて、なにが不味いかはその人の味覚や、いままでの記憶によるものなんだよね。
その人が美味しいと思っても別の人は不味いと思うわけだし。
美意識と一緒だよ。十人十色。


ピカソの絵が至上だと思ってる人間に対して、「いや、本当に美しいのはミレーだ。お前は間違ってるから直しなさい」なんていったら、変でしょ。
つまりはそういう事。
好き嫌いはあってもいいの。
それを否定するのが間違ってる。


って感じの作文を、中学校1年の夏休みの宿題に書いたら、メッチャクチャに怒られたの覚えてます。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2005/09/21 11:49】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<更新をサボるわけ | ホーム | 病院のこと>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://onigorosi.blog8.fc2.com/tb.php/97-2ac9f17a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。