スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
2050年、人は不死身になる

2050年、人間は「不死身」に=脳の中身をPC保存
『【ロンドン22日】2050年、テクノロジーの発達により、人間の脳の持つ全情報をコンピューターにダウンロードすることが可能になり、肉体は滅びても人間の意識は永遠に残る―。英国の著名な未来学者で通信大手BTの未来研究部門代表を務めるイアン・ピアソン氏がこんな大胆な予測を明らかにした。(写真は人間の脳を描いたCG)


 22日の英紙オブザーバーに語ったもので、ピアソン氏は「われわれは大真面目でそれが実現可能だと考えている。現実味のある数字を挙げれば、2050年には人の意識をコンピューターにダウンロードすることができるだろう。となれば、人間にとって死はもはや大きな問題ではなくなる」と断言した。

 ただし、コストがかかるため、2050年に「脳ダウンロード」を享受できるのは金持ちだけで、貧乏人は2075―80年まで待たねばならないだろう、と指摘した。


 ピアソン氏はまた、コンピューターの飛躍的な進歩のあり方からすれば、2020年までには「意識」を持ったコンピューターの開発が可能になると指摘。意識のあるコンピューターには感情も生まれると予想した。同氏は感情を持ったコンピューターの応用例として、航空機制御プログラムへの導入を提唱。「墜落を前にしたコンピューター制御プログラムは恐怖を覚え、何としてでも墜落を回避しようと全力を挙げるだろう」と語った。』


これはあれだね。
攻殻機動隊の電脳化みたいな処理なのかな。
感情を持ったロボットか。
タチコマ作ってください。
タチコマ。
構造解析されちゃうかもー。
そのうち一家に一台タチコマ、国民総タチコマ時代になったりしてね。
タチコマ一台50万円より。
墜落しそうになったコンピューターがパニック起こしたりして、余計酷いことにならなきゃいいけど。


貧乏人は75年?80年まで待て、とか言われちゃってるよ。
コンピューターに意識保管するのもちょっと怖いよな。
コンピューターに保存するって事は、上書きしたり都合のいいプログラムを付け足すことも可能なんだよね。
でも、悩みのない人間とか演算処理が桁違いな人間とか面白いものができそうだ。
インテル入ってる?ってね。
時間的な制約がなくなれば、人ができることは飛躍的にアップしますね。
科学的な研究、観測、意識の練磨、創作。
こと、演算、観測、記録に関しては資金的な余裕があれば個人の意識の中でどこまでも突き詰めることが可能になるわけですね。
こういう、不死を求める研究って面白いと思うし、実現されればいい時代になりそうだと思うんですけど、一方では嫌悪感を覚える人間もいるんだよね。
宗教やら哲学やら精神論やらなにやら…そういう制約つけると面白くないと思うんだけどなぁ。
なんでもかんでも無秩序、無制約がいいとは言わないけどさ。
結局、実現されてそれが社会に受け入れられれば、それに基づいた新たなルールができるわけだし、なるようにしかならないと思うんだけど。
スポンサーサイト
【2005/05/25 22:40】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ナムコクロスカプコン攻略日記 | ホーム | 太った。ダイエットしなくちゃ。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://onigorosi.blog8.fc2.com/tb.php/42-e550b54e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。