スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
スパイダーマン
スパイダーマンが見れる!

青と赤のタイツを着込み、
飛び出るスパイダーウェブで飛び回り、
縦横無尽にビルを駆け上り、
巨大ロボに乗って悪の軍団と戦う。


ん?


巨大ロボ?



そう


実はこれ、伝説の東映スパイダーマンなのです。
東映が高い著作権料払って作ったスパイダーマン。
スパイダーマンである必然性がまったくないスパイダーマン。

昭和特撮のお約束として、主人公は鼻の大きな濃い顔。
微妙にダサめのロボット。
速すぎるノリだけの展開。
元気そうな瀕死の人々。
モンスター教授や鉄十字団などのネーミングセンス。
深刻そうじゃないピンチな人々、etc、etc。
うわあー。微妙。

特に、変身シーンのかっこ悪さは特筆物!

それに、英訳が微妙で笑えたり。
微妙に意味は違うんだけど、全体を通してみると何となく大まかなストーリーはあってるっていう雰囲気。
っていうか、Onii-chan!とかNii-san!はそのままでいいの?
父さんはFatherに変えてあるのに。
固有名詞とか微妙に変えてあるのも面白い。
スパイダーエキスがThe spider Formula Xだったり。
スパイダーエキスじゃわけわかんないよって所なのかな。
変に端折ってたり、逆にいらない説明がくっついてたり。
スポンサーサイト

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

【2006/01/29 01:16】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<プリキュアってのが終わったらしい | ホーム | 誕生日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://onigorosi.blog8.fc2.com/tb.php/170-bf1822e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。