スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
暗闇坂の人喰いの木

本格ミステリって言うんでしょうか、こういうの。
島田荘司先生が描く、御手洗潔シリーズの内の一作です。
御手洗潔シリーズはたくさんあるのですが、僕はこれが一番好きです。
全体に流れる、泥濘のように纏わりつくグロさ、薄気味悪さを、個性的なキャラクター達が盛りあげます。


このシリーズは、裁断された記録を眺めるように頻繁に、視点や時代、場面が飛びます。
この特徴が、初めての人には『なんだか読みにくいなぁ』と言う印象を与えてしまっているようです。
短いエピソードがいくつか連なり最後に収束するという形を取っているので、一気に読み進める時間がない人は、なかなか話が進まないとイライラするみたい。
ページ数も他の本に比べて比較的多いほうなので、普段本を読まない人にはつらいかもしれません。


ですが、どうぞこの本を、半分まででいいですので読み進めてみてください。
きっとこの本の面白さがわかっていただけると思いますー。


トリックは……正直、うーん。
ちょっと微妙です。
この部分についてはあえて語りませんけども。


古くは処刑場だった暗闇坂。
そんな暗闇坂にひっそりと佇む巨木にまつわるオカルトなエピソードと連続殺人、人間の秘められた欲求を描いた傑作です。
スポンサーサイト
【2005/05/01 14:51】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<blogpetをつけてみた | ホーム | こんなハウルは嫌だ!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://onigorosi.blog8.fc2.com/tb.php/13-89031b30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。