スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
【映画】ダヴィンチ・コード

みてきたよー
原作読んでからの出陣。
この手の映画としては、中々に楽しめました。
キャラも結構、イメージ通りに動いてる感じ。

先週の水曜日にマイミクさんと見に行ったわけなんだけど……
やっぱり納得いかないや。
なにがって?レディースデイ。
だって、映画が1000円だよ。
800円も安くなる。
平日だってのに女の人、多すぎだし。
学割しても1500円……
レイトショーやチケット屋で買っても1200円。
うーん。
特別な祭日でも記念日でもないのに7日に1度、映画が1000円。
絶対さ、これ、メンズデイも作るべきだよな。

で、レディースデイのおかしさについてぶちぶち文句言ってたら、マイミクさんから面白い事を。
「あなたは恩恵を受けて映画安く見たんだから、レディースデイは別にいいんじゃない?」みたいな。
それ、全然、話が違うしw
もうさ、滅茶苦茶受けたw
しばらく笑っちゃったよ。
僕はレディースデイの条件に疑問を呈しているんであって、別に僕が映画を安く見たとかそういうのは全く関係ないよね。
また別の話だし。
『イカの生態』って抗議でイカメシ作って食べるくらい違う気がする。
大体、僕、「大人二枚」って注文したわけだし。
まあ、面倒だし得だから訂正しなかったのは確かにあるけど。
別に女装してたわけじゃないから怒られる謂れも。

ま、映画を見た後はいっしょにお酒飲んだんだけど。
お酒はおいしかった。
アルコールが効きすぎって風はあったけどNE!
実は、後半はあんまり記憶ない。
多分、なにかしら迷惑かけたと思う。
バス亭とかまで、一体どうやって行ったんだろう?
飲みすぎて眠くて帰りはつぶれて、『バス→乗り過ごし』『山手線→乗り過ごし』『中央線→乗り過ごし』で、めでたく三重乗り過ごしを体験。

バッファローマン「ゲーッ!あの体勢は!?」
マンモスマン「乗り過ごしデコレーションツリー!!」


みたいな。
終電もないので、近くの友人に電話して、一晩屋根を貸してもらう事に。

友人を待つ間、近くの立ち食い蕎麦屋でかけそばを食べてたんだけど、これがすっごく美味しい。
おかわりしまくってたら、3杯目くらいで蕎麦屋のおばちゃんから「もうやめときなさい」とか言われました。


【以下、ダヴィンチネタバレ】

いや、ね。
映画って事で尺が短いから仕方ないのかもだけど。
原作とは結末が違ってました。
ソフィーが、完全にキリストの末裔になってます。
二重クリプテックスもないし、その分、暗号も短くなってる。
暗号の解読もすらすらって感じで、悩んでる場面のが少ないくらい
全体的に駆け足って感じです。
早いよ!展開早すぎ!
最初がさ、ラングドンが警察に連れて行かれるシーンから違うんだもん。
あれは、疲れきったラングドンがやっと眠りにつこうとホテルの一室にいるのに、警察の強引な捜査で呼び出されるって、それ自体がドラマなのに。
その後のめまぐるしい展開とラングドンの疲労を思うと、同情するよね。
リーの飛行機降りてからの警察とのやり取りとか、最後の、シラスが傷ついたアリガンローサを抱えて走るシーンをカットするなんて、何事だろう。
アリガンローサが病院のベットでシラスの死を知らされる場面は最後の見せ場じゃないか。
ファーシュ警部もオプスデイの信者になっちゃってるし。
バチカンも悪の組織な感じに!
まあ、でも。
この手の映画としては、中々だったんじゃないだろうか。
映像面はおおむね満足。
原作に忠実に作れる映画の方が少ないんだしね。
そう、わりきれば、いい映画でした。
割り切れないとダメな映画。

うーん。60点。
あ、これ、それなりにいい点数なんですよ?


スポンサーサイト

テーマ:ダ・ヴィンチ・コード - ジャンル:映画

【2006/05/30 02:00】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
俳優の岡田真澄さん、死去
。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン

ファンファン…

俳優の岡田真澄さんが死去しました。

岡田真澄さんの引き込むような演技や、とぼけたキャラが大好きだったのに。

この人ってさ、演技がすっごくうまいくせに、お堅い映画ばかりじゃなくて、バラエティとか、仮面ノリダーとか、トリックとか……そういうのもよく出てた。
ラヂオの時間とか、「ドナルド=マクドナルドだよ」が聞きたくて、何回見ただろう。
まあ、とかく幅広い年齢層に支持される俳優さんだったよね。

あーあ。
残念だ。
本当に、本当に残念。
悲しいのもあるけど……残念さが先にたつ。
この人の出る作品がこれ以上増えないのが、残念。
好きな有名人の死って、いつもこう。

時々忘れそうになるけど……みんな人間なんだよね。
俳優も、声優も、歌手も、画家も、奏者も、格闘家も、小説家も、漫画家も。
すべからく、みな人間。
だから、いつか死んじゃう。
だけど、彼らの作品や動きに目を奪われてる間は、そういう事を忘れて、いつまでもいつまでも楽しい時間を提供し続けてくれるって錯覚しちゃうんだよなぁ。


ねえ。
人間だから、ちゃんと死ぬし、病気になるし、年もとるし。
そういうの、忘れちゃいそう。
で、そういう部分を忘れさせてくれる人ほど、素晴らしい表現者だと僕は思う。


テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

【2006/05/30 01:35】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キングゲイナー
キーイング♪
キーイング♪

キング♪ゲーイナー♪

キングゲイナーOP
http://www.youtube.com/watch?v=97j86qH91Nk&search=gainer

ガンダム式キングゲイナー
http://www.youtube.com/watch?v=K9a6fdihXHM

これを作り上げる為に使われたであろう、馬鹿馬鹿しいほどの労力を思うと素直に感動します。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/05/26 13:55】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スプーの絵描き歌

教育テレビから、スプーの絵描き歌です。

お姉さん……

僕はスプーってキャラクターは知らないんだけど、歌の上手なやさしいおねえさんにも欠点はあるんだよね。
そういう現実を教育できるから教育テレビなのかも。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/05/22 11:55】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
怖い話
ダウンタウン、今田から聞いた怖い話。

こ……こわあっ!

これは怖いぞ

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/05/14 09:43】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マッチョマン
VillagePeopleのMachoMan

Hey!Hey!Hey!Hey!Hey!
Macho, macho man (macho man)
I've got to be, a macho man
Macho, macho man
I've got to be a macho! Ow....

Macho, macho man
I've got to be, a macho man
Macho, macho man (yeah, yeah)
I've got to be a macho!

歌詞は日本語訳すると、『どうだい?カッコイイだろ?俺のバディ』とか『みんながマッチョを欲しているのさ』とか『俺はなったぜマッチョマン!』とか『神が創ったわが肉体!!』とか『マッチョ最高!』みたいな。

ええと……

肉体賛歌?

でも、ノリがいいから、この曲、好きだ。

VillagePeopleといえば、YMCAを西城秀樹がカバーした事でも有名。
80年代ディスコソングの定番、なのかな。
ああ、それにしてもディスコって言葉。
生きてるうちに、もう一度使うことになると思わなかったよ。

テーマ:80年代洋楽 - ジャンル:音楽

【2006/05/14 08:53】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
髪の毛切ったらね、こう、バサリ、とね

二年以上も伸ばし続けた髪を切ろうかと一念発起して、でもお金払いたくないので洗面所でハサミ片手に自分で切ろうかと思い『次は思い切って短くしてみるのも面白いかもなぁ』とかぼんやり考えながら適当にジャキリとやったら、予想以上の髪の量がバサリと落ちて、洗面台の排水溝に溜まって濡れて張りついた髪でミニ貞子ができそうな感じの、むしろ今すぐ出てくるんじゃないかって雰囲気のカオスさに恐れおののき『いやいや、なんか、もしかして取り返しのつかないことになってしまったんじゃないか』と青くなりながらあわあわ言いつつ震える手で髪の毛をゴムでまとめてみたらまだまだ全然変わってないって言うか、むしろ、どこが変わったの?って感じの髪の長さで改めて自分の髪の長さを実感したそんな春の日。

バッサリと短くしちゃうつもりだったけど、ドサッと落ちる髪の毛みてたら何だか怖ろしくなって切るの止めた

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/05/06 13:41】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
部屋の中に誰かがいる……

座敷童子か、ぬらりひょんか。

昨日は一人で家酒してたはずなんだけど、起きたら冗談みたいな数の空き缶が転がってる。
これ、僕が全部飲んだのか?
そんなわけないし。
いくら何でもこんなに飲めないし。
メールも覚えのない履歴が。
mixiのコメントとかも見覚えないのが3つくらい。

まあね、メールやmixiは、まあ、僕がやったと仮定しても。
空き缶の数がどうにも解せない。
繰り返すけど

これ、本当に僕が飲んだのかな?

夜中に僕以外の知らない人が飲んだんじゃないだろうか。

だってさ、絶対に一人じゃ飲めないもん。この量。
「ご冗談を」って猫のAAあるじゃん。
まさしくあんな感じだし。
で、さ。
真剣に、よーく考えたら、僕の部屋ってば不思議な事が多すぎる。

いつの間にか汚れる部屋、消える小物、買い置きしてあったチョコがなくなる。
そして、今朝の出来事……


ここ、絶対になんかいるよ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2006/05/02 07:34】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。