スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
クリスマス

もう、あと2ヶ月でクリスマス。
まだ10月なのに、クリスマスとか言われても全然ピンとこないんだけど……
町を歩くと、クリスマスの飾りつけしてる店も増えてきた。


どうやら、そういうものらしい。
で、僕もせっかくだから、クリスマスまで実験的にテンプレートを変えて見ることにした。
とりあえず、一番無難でクリスマスっぽい柄のデザインテンプレに変えてみました。
どうでしょ?
これで背景が黒で、派手に赤でも舞っていれば、
緑の文字とあいまって綺麗なクリスマスカラーなんだけどね。
綺麗な血飛沫のもあったんだけどさ、やっぱ右上に熊の天使がいるじゃん?
クリスマスっていえば十字架だしねー。
だから、こっちのほうがクリスマスっぽい気がして。
クマ、好きだし。
まだ、実験段階だから頻繁にデザインかえるかも。



スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/10/31 21:13】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
僕だってスーツを着ることがあるんだよ。うん。
写真アップロードしたのがいけなかったのか、過去の写真つきの記事が3つばかり吹っ飛びました。
現在、一つを除き復旧済み。

僕はジーパンが一番好き。
動きやすいし。
でも、僕だってたまにはスーツ着たりすることもある。年に数回かな?
ま、ご覧の通り。
僕は写真自体があんまり好きじゃない。スーツの写真はさらに少ない。
このメガネはちゃんと度が入ってます。
うん、やっぱスーツにはメガネだと思うんだよね。
僕の小さなこだわり。
この日、前髪を風呂場で切りすぎて、ちょっと凹んでた。
後は束ねてる。

スーツ3



信じられないくらい疲れてるときに取られた一枚。
腹ペコで眠くて、いらついてた。目つき悪い。
これは人が撮ってくれた奴。
クリックするとサイズも大きくなる。

疲れた


実は、携帯を買って随分たつのに、未だにPCサイズの画像の撮り方がわからない。
自分で撮ったのは非常に中途半端な大きさの画像になるから、PCにぶち込んだ後は適当な大きさに縮小してる。
サムネイルだと小さすぎるし。


もしかしたら、僕ってばスーツ姿がけっこう似合うんじゃないだろうか、これでアンパンと牛乳でも持ってれば張り込み中の刑事で通るんじゃないだろうか、29くらいの中間管理職にみられたりして、とか、たまに着ると思うのだけど。
人前に出て行くと、なぜか、みんなに僕のスーツは似合わないと大酷評を受けたりする。
で、やっぱり凹む。
うーん。


で、色々言われる。
かなり失礼な意見もある。
本気で失礼だと思う。
でも、そこで怒らないところが僕の懐の深さだと思う。
偉いよなぁ。僕って。

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

【2005/10/29 18:59】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
食べるという事は生き物の本能

僕は食べるのが好き。
特に、酔ってくると際限なく食べ始めるらしい。
(ただ、一言断っておくと、僕は自分を大食いだとは決して思っていない。
人より少しだけ、食べるけど。
大食いって言うのはテレビに出てるような人たちのことを言うのだと思う。)
前に友達の家で酔っ払って、「お腹減った」とさわぎだした時は、友達が「そこら辺にカップ麺でもなんでも食べてていい」と言ったのをいい事に、7個ほどあったカップ麺とビールをすべて食べて飲んでしまったことがある。
「食べていいなんて言わなきゃよかった」と、後でぶちぶち文句言われた。
僕もさすがに悪いと思ったので、朝起きてから代わりのカップ麺を買ってきた。


普段は食べ過ぎないようにしてるけど、その気になれば一日6食くらいは普通に食べれる。
以前、ごはんを奢ってくれた男友達が、僕が食べるのを見て「異常だ」と心底うんざりした顔で言い放ったのを思い出す。
その時のメニューだけど、まずモスバーガーでロースカツバーガーとフレッシュバーガーとオニオンリングとシェイク。
その後たこ焼きを一船。
次にレストランで大盛りステーキセット&スープ&サラダバーで、帰りに蕎麦屋に寄った。
本当はあんみつとアイスクリームも食べたかった。
この友達は優しくてすごくいい人で、にこにこ笑いながら「なにが食べたい?好きな物食べていいからね」なんて、夢のように甘い言葉をかけてくるものだから、僕もちょっと調子に乗ってしまった部分があった。
でも、お腹は一杯で結構幸せだった。


別にね、食べなくても平気なんだよ。
いつも四六時中お腹が減ってるわけじゃないの。
実際、まったく動かない日はあんまり食べられないし。
普通に動いてても、胃が受け付けない日とかもあるし。
でも、食べられれば食べちゃうの。
美味しいし。
食べ始めればお腹は一杯になるんだけど、しばらくするとまた減ってきちゃうんだよね。
2時間もすれば完全に空腹。


ホントね、これでも苦労してんだよ。
食費、信じられないくらいかかるし。
外食するとトラブル発生すること多いし。
「ハンバーガー6つ下さい」って頼んだら、店内でって頼んでるのに勝手に持ち帰りにされたり。
餃子10人前とごはん頼んだら5人前だけでてきて、残りの5人前がいつまでたっても出てこなくって、店員さんに聞いたら「お連れの方がこられてから焼きますんで」とかいわれたり。
牛丼大盛りと天丼並を頼んだのに、勝手に牛丼小盛りと天丼小盛りにされちゃったり。
天蕎麦とキツネうどんとカレーライスとアイス頼んだら、厨房の奥から「一人でしょうが!そんなに食うわけねえだろ!注文に間違いがねえか聞いてこいっ!」とか怒声が聞こえてきたり。
その後、申し訳なさそうな顔した店員さんが「あのう……ご注文はこちらでいいんですよね?」と、聞きに来たり。
はい、ごめんなさい。そちらでOKです。
バイキングもたまに行く。
食べ放題って、いい響きだよねー。
料理冷めてるバイキングは最悪だけど。
ここだけの話だけどね、こっそりレディースバイキングとかも行ったりする。
安いし、美味しいもの多いからね。
勿論、怒られればすぐに出て行こうとは思ってるわけだけど、いまだ怒られたことは一度もないから、多分、大丈夫なんだろう。
一年に2回ほどは客の少ない時間帯を狙って利用させてもらってる。


なんかね、ビクビクしながら電話で「男が利用しちゃったら犯罪とかになるんですか?」って確認したら、男が利用しても別に怒らないそうですよ。
入る前に店員に止められたら「はい、駄目ですよ。ごめんなさい」とはなるけど、入っちゃった後は他の客からの苦情が出なかったり、店員が変だって思わなければ、普通に食べて出てきていいんだって。
パーティの帰りにコートにスーツ姿で入ったけど、なんにも言われなかったもんなぁ。
まあ、入ろうとする僕がちょっと変なのかもしれないけど。
でも、よく言うだろ?自分で変と思う人は変じゃあないってな……
だから俺は変じゃねえと思うんだ。byアレッシー

それに、食べ放題って女の子誘っても、なかなかOKもらえないんだよね。
男友達だったらさ、「食べ放題行こうよ」とか言えば誰かしらついてきてくれるんだけど。


ま、そんなんだから、僕の体重はけっこう重いわけだけど、人から見ると僕は『痩せ型』に見えるらしい。
だいたい、50キロ前後の体型にみえるらしいけど。
実際はそんなものじゃないよ。具体的な数字は伏せとく。
脱いでもね、そんなに太ってるようにはみえないんだよね。
自分でも本当に不思議なんだけど。
で、僕の体重は人に言っても信じてもらえなかったりする。
「嘘でしょ!」とか「また嘘ついてる!」なんて、いわれのない嘘吐きのそしりを受けたりする。
ひどいよ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/10/29 14:25】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ピエロになってなにもしない
ピエロになってなにもしない。
デイリーポータルZさんより。


やばい。
ときめく。
こういうの、大好き。
ちょっとやってみたい。
変わった格好して街中を歩いて、すれ違う人の反応を見てみたいな。
けど、もう以前の罰ゲーム、レイザーラモンみたいな肌露出系はいやだ。
変態っぽかったし。
もっとさ、なんていうか……ピエロもそうだけど、もっとコスプレみたいなのがいいよ。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2005/10/26 13:10】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カミングアウト

友達から電話がかかってきた。
ろれつは回ってないし、いってることは支離滅裂だし、酒に酔ってることは明らか。
とりとめのない話ばかりを続ける、続ける。


食べ放題のしゃぶしゃぶで牛と間違えて豚肉を「生のほうがうまい!」とか言いながら大量に半生で食べた話とか。
前に僕にフルーツパフェとチョコパフェと紅茶を奢ってくれた時、お金おろすの忘れてて小銭しかなくて、2000円ちょっとの金額なのにカードで支払ってたとか。
近くのパン屋で土日は朝からバイトしてる女の子が可愛くて、日曜は必ずパンを買いに行くだとか。
だけど、そこのパンはあんまり美味しくないんだとか。
後輩とディズニーランドに行ったら、二人して入り口で財布忘れたことに気がついて、引きかえしたら途中でガソリン切れて、カードも免許もサイフの中でお金も下ろせずに立ち往生する事になった話とか。
っていうか、無免許運転じゃん!だめだよ!
インターネットやりながら適当に「ハイハイ」なんて言っていたら、酔った勢いなのか、とんでもないことを言い始める。


「う?ん……去年の冬とか二人で飲みにいった時、真冬さん酔っ払って、気分悪いから歩きたくないって駄々こねたの、覚えてますか?」
「あー、うん。あれは不覚だった」
「あの時、真冬さんおぶって俺んちまで連れて行きましたよね?」
「うん。ありがと」
「真冬さん、体をくっつけて『んんー』とか鼻にかかった声で頭ゴリゴリ首筋にこすりつけるもんだから……」
「??」
「俺、その……反応して……起っちゃってたんすよ。ナニが


「……うん。えっ?」


うわあ!ナニって……ナニ?
なんだこいつ!いきなり、なに妙なことを!下品っ!カミンアウっ!うっわあ?!
っていうか、あの後、家にお邪魔してキン肉マンのゲームやりながら一晩すごしたじゃないか!
そうだ、アダルトビデオ一緒に見ようとか言ってビデオかけてたけど、僕がつまんないって言い出してキン肉マンのゲームやることになったんだよね。


そういやなんか、妙な雰囲気だったな。すっごい優しかったし。
肩が痛いって言えば揉んでくれたし、甘いものや飲み物が欲しいって言えばすぐに買って来てくれたし。
「寒い」って一言いったら、コタツにエアコンにハロゲンヒーターかけて、毛布まで隣の部屋から持ってきて肩にかけてくれたんだよ。
もうね、もうね、滅茶苦茶ホントいいやつだって感動してさ。


まさか、ずっとそんな事を考えてたのかな。
いやあ、ビックリした。そんな趣味があったなんてねぇ。
同性愛の人、他にも三人くらい知ってるけどさ……この人、普段はあの子が可愛いとか、あそこの女の子は胸が大きいとか、女の子の話しかしないから、筋金入りの女好きだと思ってたのに。


「あれ?なに?えっと……きみ、ちょっと前まで彼女いたよね?もしかして、その、男色っていうか……そっちの人だったりするわけ?あの、ごめん。僕はちょっとそっちの気は……」
(この時ちょっと混乱してて、前の彼女ってもしかしてニューハーフとかだったのかな、とかありえない可能性を考えてました)


「違います!俺、男同士は無理です!そ、そうじゃなくてですね、男にはそういう時があるんですよ!ちょうど彼女と別れて寂しかったし!俺もう、本気で興奮してて……男女関係なくですね、人肌恋しいって言うか、つか真冬さんもほら、雰囲気が、なんつーか、そういう時が……」


う?ん……そばにいれば誰でもいいってことかな?
失恋したりして寂しい時は対象は関係なく近くにいる人に性的に興奮するって事?
うん、ちょっとわからない。
そういう時、ないぞ。
僕って、そういうところちょっと変だからなぁ。他の人はあるんだろうか?
突き放しちゃかわいそうなので、とりあえず話あわせる。


「つまりさ、あの時は特別であって、例えば今、僕と二人っきりであの時みたいにおぶってもらったり、よしんば抱きついて体密着させたりしても興奮したりはしないってわけでしょ?」


「いや!それはわかりません!」


……なんでわかんないんだよ。
せっかく気使って話あわせてあげたのに。


「いや、なんていうか特殊なんすよ!真冬さんって、甘え上手じゃないすか」
「あまえじょうず?」
「うん。なんか真冬さんが悪いときでも、こっちが悪いことしてる気分になるんすよ」
「ん?っていうか、甘えたことなんてあったっけ?」
「ありますよ!しょっちゅう甘えるじゃないですか!」
「え?はあ?それっていつのことさ?どんな風に甘えてるの?」
「こう、小首かしげながら困ったような顔して、片膝かなんか抱えちゃって、小さく『だめ?』って……」


なんだそれ。
どこのゲームのキャラクターだ。KOFか?


「ちょっとまって!嘘つけ!そんな事、したことないぞ!誰か別の人と勘違いしてない?」
「ええ???してるかなぁー……」
「してるってば!いつのことだよ。適当なことばっかり言って。まったく」
「先週の火曜日とか、○○さんの家まで麻雀しに行った時……」
「はい、嘘決定!だって僕、火曜日は家でのんびりしてたもん」
「あっれぇ??えっ!じゃ、あれは誰だったんだ……」
「知らないよ。っていうか、君、年下じゃん。僕が年下に甘えるなんて事がそもそもありえないんだよね」


僕は人に甘えた覚えなんて、そんなにないぞ。
こういうところから妙な噂って広がるんだよな。
そういえばこいつ、前も僕の背中に刺青あるとかって妙な噂流してたな。
いい加減な奴だ。


最後は「人には言わないから安心してよ。大丈夫だから。誰にだって人にはいいづらい秘密なんてあるんだし」
なんて聖人ぶって慰めたら、
「感動しました!すっげー感動しました!」
とか何に感動してるのやら、大声で叫んで電話切れましたけどね。
まあ、ブログのネタにするとは言っといたけど。
酔っ払ってたから覚えてないかもなぁ。

テーマ:ぼやき - ジャンル:日記

【2005/10/24 21:27】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ホワイトバンド
久しぶりにうけた健康診断で滅茶苦茶面白いこといわれた。

何かと話題のホワイトバンド。
300円の善意?
色々問題もあるようですが、その辺りの事はホワイトバンドの問題点さんに任せるとして。


突然ですけど、僕、こういう募金とか寄付って大嫌いです。
ホワイトバンドだけじゃなくて、ドラえもん募金もユニセフも緑化募金も嫌い。
やー。
こういう話題って嫌な気分になる人、いるかもしれないんだけどさ。


団体の怪しさとか、寄付金の使途の不明瞭さとかそういうの抜きにして、寄付全般が嫌い。
勿論、寄付とか募金とか、やってる事自体は否定しませんよ?
それで助かる人がいたり、地球環境の整備に一役買ってれば万々歳だよね。
実際に助かってる人はいるわけだし。


でもさー……なんていうか。
ああいうのって嫌いなんだよね。
みんな、寄付するときって大抵は小金じゃない。
上記ホワイトバンドにしても300円。
赤い羽根募金だっていいとこ100円、500円。
コンビニの募金箱なんて、10円とか5円、1円ばっかり。
ああいうのを入れる人って何考えて入れてるんだろうなって思うよ。


だって、世界のどこかで誰かが貧しくて死んでるのって、当たり前じゃない。
みんな知ってるでしょ?
それってすごくあたりまえ。
普通に死んでる。いくらかお金を寄付すれば、助かる人がいる。
で、募金に100円玉放り込む。


変じゃない。


だってさ、本当にそういう人たち救いたかったら、100円どころじゃなくて1万円、10万円だってみんな入れられるじゃない。
できるよね?
貧しくて仕方がなくて、自分が生きていくのに必死で、それでも募金したくいけど100円しか入れられないとかじゃないよね?
自分達の今の生活の下に積み重ねられてるものから意図的に目をそらす行為以外の何物でもないと思うんだけど。
いい事してる気分になるんだけど、実際はいい事をしてるって証明を欲しがってるの。
アガペーのようなエロス。アガペーっていうかフィリアかな。


100円突っ込むのはさ、100円くらいならたいした金額じゃないし、100円突っ込むことで「ああ、いいことしたな」っていう満足感が得られるからやってるわけよ。
神社のお賽銭とおんなじ。


本当は入れようと思えば1万だって10万だって入れられる。
みんな、無駄なことにはいくらだってお金つぎ込んでる。
映画みたり、無駄な服や物を買ったり、旅行したり、美食に馬鹿騒ぎ。


でもさ、そういうの我慢してまで募金しないっていう事は、僕は思うんだけど……
とどのつまり、満足感が薄いからだよね?
一万円を突っ込むとしたら、募金箱じゃ満足感がたりないの。
人知れず募金箱に突っ込むなんてダメダメ。
それくらいの金額になるとねぇ、感謝状もらって、みんなに誉められて、人に自慢できる。
そういうのが必要になってきちゃう。


ホワイトバンドってさ、その辺りの満足感をうまいこと利用したシステムだよね。
たった300円で白いゴムつけて見ず知らずの人に『募金してますよー』ってアピールできるんだから。
300円の代価にゴムバンドが話の種になる。
上手いこと考えたものだよ。
他にも、外国の芸能人やお金持ちなんかは税金対策に募金する人もいるみたいだねぇ。


だから、『宝くじで12億円当たったから全額寄付します!』なんていうこの人のことを僕は尊敬しちゃいます。
僕には絶対無理。


って、結局、この人の事をネタにしたかっただけなんだけど。
去年のニュースだし、なにか前置き置きたかったの。うん。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2005/10/19 05:36】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ブログ更新

数えてみたら更新したのがちょうど先週の今日。あっというまですねー。
…こうやって年をとってゆくのでしょうか。

きょうもおきたら午後でした。流れ行く雲をぼんやり見たり、雲の種類をネットで調べたりしてました。そしたら、なんだかじゅんとしてきちゃたんです。

みなさんもどうでしょうか。オススメです。メッセでトラバでアフリエートよろしく。

この年になってこんなことを言っているのはいかがなものかと思いますが!


ごめんなさい。
更新するネタがないのでブログ更新ジェネレータで作りました。
明日こそは真面目に更新しますので。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/10/18 01:38】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
寿司と年齢

寿司を食べた。
お昼に駅前を歩いていたら、急に寿司が食べたくなってしまった。
どうせなら回らない寿司、と思ったのだけど、回る回らない以前に寿司屋が見つからない。
やっと見つけた寿司屋はいわゆる食べ放題の店。
値段やサンプル、お客の入り具合なんかを見た感じ、回る寿司屋さんくらいの品質はありそうだなぁ、と判断して入ってみる。


うに、大トロは別料金。
全部で3000円くらいだったかな?
感動するくらい美味しいってわけじゃないけど、そこそこのお寿司が出てきました。
不思議なことにトロといくらが同料金なんだよね。
このお店のいくらってさ、いわゆる偽物いくらで、そんなに仕入れ値かがかかってるはずないと思うんだけど。
回転寿司でもいくらは2ランクくらい上の値段に設定されてるし。
謎だ。缶コーヒーと一緒でイメージの問題なのかな?


せっかくだし一杯食べようと思ったのだけど、結局、食べられたのは22貫。


前は30貫以上を平気で食べてた事を考えると、これは歳をとって胃が縮んだのかもしれない、なんて考えてしまう。
ああ、そういえば、最近走ると息切れが……
最近、寝起きがつらいような……
最近、眼がかすむような……
なんだか怖くなってしまった。


こういう、自分の体力の限界を知るような年齢の取り方は嫌だねぇ。
もっとさ、こうさ。
かっこいい歳の取り方がいいなぁ。
渋さを追うっていうか、研鑚を重ねるって言うか……
2時間後、帰りに立ち食いそば屋さんで月見蕎麦を啜りながら、一度に食べられる量は減っても空腹になる速さはあんまり変わらないんだなぁ、なんて考えてみる。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/10/09 04:15】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
バック・トゥ・ザ・フューチャー

えー。
バック・トゥ・ザ・フューチャーがめでたく20周年だそうで。
このたび、アニバーサリーボックスとして、三部作をまとめた特別限定版のDVDが発売されるそうです。


封入特典がこれまた豪華絢爛。
デロリアンのナンバープレート(復刻版)から始まり、ドクからマーティーへの手紙のレプリカ、スペシャルブックレット、未公開シーン&インタビューDVDなどなど。


バック・トゥ・ザ・フューチャーはテレビでも何度も放送されていて、僕も子供の頃から何度も見ています。
ビデオも擦り切れるほど見ています。
小説も日本語訳、英字版と所持し何度も読んでいて、そろそろ飽きてもおかしくないはずなんですが、不思議なことに一向に飽きがきません。
20年前の映画にも関わらず、古臭さを一切感じさせない斬新さ、複雑玄妙に絡み合ったストーリー、見る者を引き込む演技力を持った俳優達。


不朽の名作っていうのはこういう作品の事なんでしょうね。
本当に素晴らしい映画です。
僕にとってはSFの原点ともいえる映画。
ここ最近公開された映画の中で、20年後も『面白い』と胸を張って放映できる映画はいくつくらいあるでしょうか?
それが本にしろ、ゲームにしろ、音楽にしろ、色あせないと言うのは本当に素晴らしい。
何かの拍子に、もう一度見てみたくなる。
そういう魅力って、とても大切です。


アニバーサリーボックスは税込みで15540円。
むー。
最近、冗談にならないくらい金欠が深刻だし、首が回らなくなる前にバイトでもしようかな。
少し前まで自由に使える貯金だけで300万以上は間違いなくあった気がするのに。
ま、最近、お金になる仕事なんてほとんどしてないし、仕方ないかなぁ。
実家においてきた通帳に、まだいくらか残ってたかも……

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【2005/10/07 01:11】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オーストラリアの物理学者が光の保存に成功

オーストラリアの物理学者が光の保存に成功したそうです。
ま、記事を読む限りでは保存というか、光子の速度を限りなく遅らせてるって感じですけど。
以前にハーバード大学の研究チームが数十万分の1秒だけ光を停止させたってニュースがあったけど、あれとは似てるようで微妙に違う気がする。
僕はこの方面、ちょっと門外漢だから難しいことわからないんだけど、量子コンピュータの開発が現実視できるくらいの凄い成果みたい。


量子コンピュータなんてねぇ。
理論上の話だけで、実現なんてまだまだだと思ってたのに。


量子コンピューターって言うの、僕も理系の人じゃないから詳しい事は説明できないけどさ。
普通、コンピュータでデータ扱うときって、1ビットは1か0かになるじゃない。
1bitのスイッチがオンかオフかを判断して、その1bitの塊いくつかでデータをあらわして、取り扱って演算する。
だよね。


けど、量子コンピュータって言うのは、キュービットって言われる特殊な単位での計算を可能にしているコンピュータのこと。
キュービットっていうのは、0と1を任意の割合で重ね合わせることが可能な状態のこと。
ちょっと考えればわかるけど、一度に取り扱える情報量が格段にアップできるんだよね。
もう、2倍とか10倍とかじゃないよ。
n乗の速さで計算できちゃうんだよ。これが。
倍じゃなくて、乗。すごいでしょー。
現在の最新コンピュータでも数年かかってるようなシミュレーションや、天文学的な計算が驚異的な速さで消化できちゃうの。



うーんとさ。
簡単な例を挙げると……
自転車とかで使う、チェーンロックあるじゃん?
ダイヤル式の。
あれを何回かカチカチっと回すだけで、総ての数字の組み合わせを試せちゃうの
そんな感じかなぁ。多分。
だから、量子コンピュータが実現されたら、パスワードなんかは無用の長物になっちゃうかもね。


でも、そんな凄い量子コンピューターだけど、理論上は証明されてても開発に成功した人はまだ誰もいない。
その理由の一つになってるのが、コヒーレンスの保持時間なんだよ。
コヒーレンスの保持っていうのは、0と1の任意に重なり合った状態を保持する事。


だからさ、0と1を好きな割合で重ね合わせた状態で計算すると滅茶苦茶速いぞってことはみんなわかってたんだけど、その状態を維持したままにできなかったから、計算させることができなかったの。


いままでも、シリコンキュービットとか、イオントラップとか、ジョセフソン接合法、NMRとか色んな方法で試されてきてたんだけどね。
だーれも量子コンピュータを作れなかったの。
まあ、量子コンピュータには他にも色々問題があるっちゃあるみたいだけど。
もしもキュービットの状態で取り扱うことのできる光メモリなんてものが開発できたら、量子コンピュータも現実のものになるだろうね。
あー。楽しみ。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

【2005/10/05 21:14】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
誕生果

誕生果っていうのができたの、知ってましたか?
誕生石とか、誕生花とかは有名ですけど、誕生果はちょっとマイナーなんじゃないでしょーか。


実は僕は果物大好きです。
果物ならなんでもいいってわけじゃないけど。
果物好きて言うと、文豪の正岡子規を思い出します。
彼に負けないくらい好きだと思います。うん。多分。


バナナとかモモとか苺とか柿とか石榴とか梨とか葡萄とか……
ま、とにかく好きなんですよ。これが。
ビバ、果実。
甘くていい匂いでたわわに実った彼らが大好き。
もう、片っ端から捥いでむしゃむしゃ食っちゃいますよ。ひゃー。
フルーツパフェ、大好物だね。


で、僕の誕生日の誕生果なんですが、これがレモンなんですね。レモン。


ちょっと……レモンって。微妙。
実は僕、レモンってあんまり好きじゃありません。
ま、ピターヤとかセクロピアとかマイナーな名前出されても困っちゃうけど。
柑橘類は好きなんだけど……すっぱいのがねぇ。
レモンパイとか、クッキーやケーキに入ってれば食べられるけど。
レモン丸齧りとか絶対に無理。
柿とかモモとかメロンが良かったな。


ちなみにレモンのくだもの言葉は『甘いささやき』だそうです。
なに、それ。
レモン自身は滅茶すっぱいくせに、甘いささやき。ギャグ?ギャグなの?
僕は今までの人生で甘く囁いた事なんて一度もありません。
囁かれたことは何度かあったかもしれないけど。
僕、ロマンチックな雰囲気とか嫌い。
例えば、夜景を眺めながら二人で食事とか。
暗い部屋でソファでくつろぎながら恋愛映画とか。


もうね、だめ。なんか眠くなる。
コタツに入りながら鍋でも食べてるほうが好き。
ビールとお菓子でも用意してアクション映画にかじりつくほうが好き。


誰かにくっついたり、よっかかったりするのは嫌いじゃないんだけど、恋愛って感情がちょっといまいち理解できないんだよねぇ。
そんな僕ですが、これからは少しだけ努力してレモンの果物言葉どうりに甘く囁いてみようかな、と思います。


よし……
「マイハニー、俺に身体を任せてくれれば、今世紀最大ロマンスをプレゼントするぜ」
こんな感じか。
台詞、思いっきりパクリだけど。

テーマ:どうでもいいこと - ジャンル:日記

【2005/10/03 19:53】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。